家族を幸せにするビジネスアイアンマンを目指して

南紀白浜トライアスロン大会

山部真一
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山部真一
1975年 5月生まれ 真面目なA型。 岡山県倉敷市で株式会社オハナ不動産を経営する傍ら、トライアスロンの選手として活躍する1児の父。 27歳から遠泳もフルマラソンの経験もないまったくの初心者からトライアスロンを始め、トレーニングを重ねて6か月でデビュー。 その後、国内外のトライアスロンのレースに参加し実績を積む傍、初心者でもデビューできるトライアスロンの指導を始め、多くのトライアスリートを育成する。 その経験を活かし、「ビジネス×トライアスロン」をコンセプトとする【ビジネスアイアンマン】を立ち上げる。 自身も世界で開かれるアイアンマンレースに参加しながら「世代別世界一」を目指し日々奮闘中。

南紀白浜トライアスロン大会に参加してきました。

今回、この大会に参加した目的は、今年のメインレースである来月の五島トライアスロンで年代別入賞する為です。

なので、一番の優先順位は絶対にケガをしないようにすることです。

持って帰りたい経験として
・レース前の緊張感
・スイムの集団泳
・バイクは平均パワー3倍
・ランを五島のペースで走る
この4つも全て経験でき、レースの中で課題も見つかり、しっかり試すことのできた2日間になりました。

ここ数年はミドルかロングレースに参加していたので、51.5に出たのは5年以上ぶりでした。スイムもバイクも「危ないなぁ‥。」と、何度か感じることがありました。レースなので前に出たい気持ちはよく理解できますが、事故やケガをしてしまうと、今年のレースに参加できなくなったり、日常生活にも支障がでてきたりするようになります。自分の体力と技術を理解して、「頑張ること」を勘違いしないようにしていかないといけないと感じました。

残りの1カ月、体と頭を使って自分のベストを尽くせるレースを迎えようと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
山部真一
1975年 5月生まれ 真面目なA型。 岡山県倉敷市で株式会社オハナ不動産を経営する傍ら、トライアスロンの選手として活躍する1児の父。 27歳から遠泳もフルマラソンの経験もないまったくの初心者からトライアスロンを始め、トレーニングを重ねて6か月でデビュー。 その後、国内外のトライアスロンのレースに参加し実績を積む傍、初心者でもデビューできるトライアスロンの指導を始め、多くのトライアスリートを育成する。 その経験を活かし、「ビジネス×トライアスロン」をコンセプトとする【ビジネスアイアンマン】を立ち上げる。 自身も世界で開かれるアイアンマンレースに参加しながら「世代別世界一」を目指し日々奮闘中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© チームビジネスアイアンマン , 2019 All Rights Reserved.